• スプレーは、使用しないで!
  • スプレーに関する質問
  • ボタン電池による発火
  • 安全に関するガイドライン
  • リサイクル・リユース

スプレーに関する質問

(1)
Q:エアゾールとはどのような製品ですか?
A:気化した液化ガスまたは圧縮ガスの圧力によって、内容物を容器の外に霧状や泡状などにして放出させる製品です。高圧ガス法に基づく「火気と高温に注意」という表示がスプレー缶に表示され、高圧ガス成分が表示されています。
(2)
Q:エアゾールなどに封入されているガスは何ですか?
A:主にプロパンガスかDME(ジメチールエーテル)が一般的で、どちらも可燃性ガスです。
(3)
Q:エアゾール製品はすべて危険なのでしょうか?
A:可燃性のエアゾール製品は、すべて事故を起こす可能性がありますので、ご使用は控えてください。
(4)
Q:一般的なエアゾールになぜ可燃性のガスが使われているのですか?
A:地球のオゾン層破壊防止のためフロンガスが使用禁止になり、代替フロンとして、安価なガスとして使用されて現在に至った経緯があります。
(5)
Q:スプレー式・エアゾール式の製品以外の潤滑剤や防錆剤などは使用しても問題ありませんか?
A:可燃性でなければ危険性はないですが、ご使用予定の潤滑剤や防錆剤の機械適性および使い方などについては、商品をお買い求めになった販売店またはメーカーに ご確認ください。
(6)
Q:シュレッダのカッタに注油あるいは清掃などに適している商品は何かありますか?
A:メーカーにより機構が異なるため、すべてのシュレッダに共通使用できる商品はありません。取扱説明書をご覧になるか、メーカーにお問い合わせください。
(7)
Q:知らずにスプレーをかけてしまったのですが、どうしたらいいのですか?時間がたてば空気中に飛散して、引火の危険性はなくなりますか?
A:電源プラグを抜き、商品をお買い求めになった販売店またはメーカーにご相談ください。
(8)
Q:スプレー式でない潤滑油は大丈夫ですか?
A:可燃性でなければ危険性はないですが、ご使用予定の潤滑剤や防錆剤の機械適性および使い方などについては、商品をお買い求めになった販売店またはメーカーに ご確認ください。
(9)
Q:なぜ、可燃性スプレーをシュレッダに使用すると爆発することがあるのですか?
A:シュレッダの内部構造は、刃物とそれを回転させるためのモータと、モータを動かすための配線やスイッチなどが密閉されたケースの中に入っています。
 万一、可燃性スプレー(LPGもしくはDMEを含有する潤滑油スプレーやエアダスター)をシュレッダの細断物投入口や排出口に噴霧されますと、シュレッダの密閉構造の内部にこの可燃性ガスが滞留します。
 可燃性ガスが滞留した状態で、シュレッダを使用されますと、モータやスイッチの僅かな火花が発火源となり、滞留した可燃性ガスに引火し、爆発現象が起こることがあります。
(10)
Q:なぜ、シュレッダに可燃性スプレーを使用することがあるのですか?
A:シュレッダは文書細断を目的としていますが、一度に細断される紙の量や紙質の違いから、内部の刃物への細断くずの巻き付きなどが稀に発生し、一時的な細断能力 の低下が発生することがあります。
 その問題解決を目的に可燃性ガス入りの潤滑油やエアダスターを誤ってお使いになるケースが考えられますが、決してお使いにならないで下さい。
 また、シュレッダを起動中に、シュレッダ付近で、殺虫剤などの可燃性スプレーのご使用は決してなさらないでください。
(11)
Q:刃物に細断くずが巻き付き、細断能力が低下した場合はどうすればいいのですか?
A:操作スイッチの「逆転」(逆回転)と「正転または細断」(正回転)を交互に繰り返し、細断くずを取り除いてからご使用ください。
(12)
Q:その他、シュレッダの動作に異常を感じたらどうすればいいのですか?
A:取扱説明書をご覧になるか、商品をお買い求めになった販売店またはメーカーへご相談をお願いいたします。
ページ最上部へ